蜂の巣を駆除しよう|マイホームから危険生物を取り除くプラン

2人の作業員

ハチの種類を特定

蜂の巣の形状はそれぞれハチの種類によって異なっているため、駆除を行なう際は事前に巣をよくチェックしてどのハチが住宅に住み着いたのかをよく確認するようにしましょう。またアシナガバチの巣はまだ小さいものであれば、個人で駆除することができます。

住宅

アフターケアも重要です

蜂の巣を駆除する際には危険が伴うため、個人で蜂の巣を駆除するのが困難な場合は駆除業者に作業を代行してもらうようにしましょう。また駆除業者に作業を実施してもらう際は、しっかりとアフターケアも実施してもらうことが重要になります。

作業員

駆除にかかる費用を比較

蜂の巣を駆除してくれる業者には24時間対応が可能な業者も登場しており、日中は忙しい方や土日しか利用出来ない方でも駆除を依頼できるようになってきました。また駆除を依頼する際はそれぞれの業者の料金をよく比較し、自分の予算に合った価格で駆除をおこなってくれる業者を選ぶようにしましょう。

ハチの発生に注意

ハチ

害獣や害虫などが住宅に住み着いてしまうと、日常生活にさまざまな悪影響が発生してしまいます。
蜂の巣が住宅にできてしまうと住宅に出入りするだけでも危険が伴いますし、来客の方が来た際に被害を与えてしまう可能性があるため非常に危険です。住宅に巣ができてしまった場合は早めに駆除を行ない、家族や来客の方に悪影響が及ばないように対処しなければなりません。住んでいる住宅に蜂の巣ができてしまった場合はすぐに駆除を行ない、早めにハチ対策を行なえるようにしましょう。また蜂の巣を撤去した後は住宅対策を行ない、再度蜂の巣が作られないように対処する必要があります。ハチに刺されると最悪命を落とす危険性もあるため、個人で巣を駆除できない場合は無理をせずに専門の駆除業者の方に作業を代行してもらうようにしましょう。

蜂の巣を発見した際はむやみに刺激を与えないようにし、巣の形状などをよく確認してハチの種類を確認して見る必要があります。
ハチはそれぞれの種類によって違った形の巣を作るため、巣の形状をよく確認すればどのハチの巣であるかを確認することが可能です。それぞれの巣を確認することでハチの種類を確認した後は駆除に必要な道具などを用意し、それぞれの住宅から巣を撤去します。蜂の巣を駆除する際は巣の形状などを見ることでどのハチであるかを確認し、危険性が低いハチならば専用の道具などを利用して駆除を行なうようにしましょう。スズメバチなどの危険性が高いハチの巣を撤去する際は、なるべく安全に作業を行なうためにも専門業者の方に作業を代行してもらうのが最適です。