蜂の巣を駆除しよう|マイホームから危険生物を取り除くプラン

ハチの種類を特定

2人の作業員

蜂の巣ができると巣に近づくだけでもハチに襲われてしまうため、日常生活にさまざまな悪影響が発生します。
ハチの毒によってアナフィラキシー症状が発生すると命の危機にも繋がるため、ハチが住宅に住み着いてしまった場合は早めに対策を行なわなければなりません。ハチの種類によって危険性は異なるため、駆除を行なう際は蜂の巣などをチェックしてどのハチが住宅に住み着いたのかを確認することが必要です。蜂の巣を駆除する際はそれぞれの住宅の巣をよくチェックし、どのハチが住宅に住み着いてしまったのかをよく確認するようにしましょう。シャワーの蛇口のように半円形の巣で合った場合はアシナガバチである可能性が高く、巣が大きい場合だと危険性が高くなるため注意が必要です。

半円形の形の蜂の巣を作るのがアシナガバチであり、危険性も高いハチであるため駆除する際は注意しなければなりません。
蜂の巣が作られる場所には条件が存在しておらず、一般的な木から室外機の下などアシナガバチは非常に色々な場所に巣を作る性質を持っています。そのため気付かずに巣に近づくことで刺されてしまうこともあるため、アシナガバチを住宅で見かけた際は気をつけましょう。巣の形状が小さければ個人でも駆除することは可能です。しかし大きい巣を駆除するとなると多くのハチに刺される危険性が高まるため、巣が大きいと感じた際は無理して駆除をしようとせず駆除業者に作業を依頼するのが最適です。場合によってはハチの寿命となる期間まで蜂の巣を放置しておくという手もあります。